キーチェンジ.com

カギ交換を検討される方に

カギ交換にかかる費用の相場は

家庭用のカギの種類と防犯

現在、販売されているカギは種類が多過ぎるため書き出すことが困難なほどです。
家庭用に絞ったとしても相当な数があり、それぞれ開け閉めの方法や防犯性能などに違いがあります。
防犯性を高めたいとお考えなら、防犯の要であるカギの交換を考えることをおすすめします。
古いカギは防犯性に劣っている場合がありますから、そのまま使用するのは危険です。
また、カギは意外と故障しやすいものであるため、故障したならすぐに交換する必要があります。
カギ交換をする場合、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。
また、カギ交換の相場はどれくらいなのかあらかじめチェックしておくと良いでしょう。

販売されているカギの種類と費用

家庭用にさまざまなカギが販売されていますが、カギの種類によって価格が違ってきます。
もっとも安価なカギは掘り込み錠で、扉厚が30mm以上あればどんなドアにも取り付けることが可能です。
一時期、ピッキング被害などが多発したことで、カギの防犯性能もかなり高くなったことで安価なカギであってもそれなりの防犯対策になります。
防犯性能がもっとも高いと言われているカギがディンプルシリンダー錠で、ギザギザしていないカギが特徴です。
暗証番号式や指紋認証式のカギも防犯性能が高いことで知られています。
もっと防犯性を高めたいと補助錠を利用されている方も多くなっているようです。
防犯性能が高いカギは価格は高いものの、価格に見合った性能を発揮してくれます。

カギ交換を誰に依頼するか

カギ交換はカギ専門業者以外にも不動産屋や内装会社などにも依頼することができますが、不動産屋や内装会社に依頼しても結局カギ専門業者を斡旋してくれるだけということがあります。
斡旋した分マージンを取られることもありますから、直接カギ専門業者に依頼したほうゴアいいでしょう。
故障などの緊急の場合でも、比較してから依頼することをおすすめします。
ネットを利用すれば、それほど時間をかけることなく比較することができます。
少しの手間で費用を低くすることができますから、比較をしてから依頼するようにしましょう。